喫煙室の文化 生活商品情報ナビ

喫煙室の文化

最近は「喫煙室の文化」なるものが存在するようですね。
喫煙室での会話から、上司よりも早く情報を入手する場合さえある、他部署の取り組みにやけに詳しい一般社員がいるようです。

さらには結婚や出産、誰が新車を購入したなど、社員のプライベート事情にまで精通しているから驚きです。

愛煙家のある社長は「喫煙室は部署間の交流ができるコミュニケーションの場」とも語っています。人間関係が希薄になりがちな現代社会ですから、仕事帰り、部下を自宅に招いて食事をふるまうなどの交流も古き良き時代の思い出話となった今は、喫煙室は数少ない交流の場なのでしょう。

とはいえ、勤務時間中の喫煙を必要以上に正当化するのは考えものです。喫煙が有効とされる理由には、「気分転換」「発想の転換」「コミュニケーション活性化」などがあげられますが、非喫煙者がこれらを解決できていないわけではなんですよ。

吸う吸わないは個人の自由ですが、始業時間に出社して喫煙室へ直行する、などはいただけない行為ですね。周囲への影響や健康問題を考慮し、社会のマナーを遵守するのが原則だと思われます。

喫煙