5月5日は女の日 生活商品情報ナビ

5月5日は女の日

現在、「こどもの日」として国民の祝日に制定されている5月5日。

最近は、鯉のぼりもあまり見かけなくなったが、端午の節句として鎧兜や武者人形を飾って、男の子の節句として祝う家庭もたくさんあることだろう。

端午の節句は元々、中国で厄払いの行事を行う日だった。「菖蒲の節句」とも呼ばれ、菖蒲湯につかって邪気を祓っていた。

さらに、5月は田植えの季節。昔は神聖な行事だった田植えは、早乙女と呼ばれる清らかな若い女性が中心となって働いていた。

田植えを前に、その早乙女が不浄を除き心身を清めるために菖蒲湯に入ったり、よもぎ餅を食べるなどして身体を休めるようになった。

こんな風に端午の節句は女性を思いやる日だったのだ。

その端午の節句が男の子の成長を祝う日になったのかというと、江戸時代に「菖蒲の節句」が「勝負の節句」、「尚武(武を尊ぶ)の節句」になり、やがて定着したのが事実らしい。

要するに日本語独特のダジャレが発祥だったわけだ。まあ、いずれにしても5月5日は、男女問わず子どもたちの成長と健康を願う日であることに変わりはない。