TVからいつの間にか消えたアナログビデオ入力 生活商品情報ナビ

TVからいつの間にか消えたアナログビデオ入力

アナログ地上波放送が終了を迎えたのが2011年。

その時テレビを液晶テレビに買い換人も多いと考えられます。そうした薄型テレビを購入後に割合と困るのが、今まで利用していた「DVDレコーダー」、「VHSビデオデッキ」を使おうと思ったとき。

いまどきの映像機器ではHDMI端子がスタンダードになったので、アナログビデオ入力端子がなくなっている。つまり以前使っていた「DVDレコーダー」、「VHSビデオデッキ」がつながらないので見られなくなってしまう。

そんなときは、アナログビデオ端子からHDMIへの変換を担ってくれる「アナログ to HDMI コンバーター」がおすすめだ。HDMI端子しかないテレビやパソコン用のディスプレイにも、アナログ接続のビデオデッキを簡単に繋げるのだ。

入力端子の仕様が、Sビデオ端子×1、ビデオコンポジット端子×1、HDMI端子×1で、出力端子はHDMIが1系統のみ。テレビにHDMI端子の空きがない場合にも利用できるので、パソコン用のディスプレイを使う場合に重宝する。