地域・旅行・ホテル・ペンション 生活商品情報ナビ

東京スカイツリー

世界一のタワー「東京スカイツリー」の開業があと半年と近づいてきた。

東京タワーが東京の名所であると同時に、日本の高度成長の象徴であったように、東京スカイツリーも東京の新名所として、またデジタル放送時代のシンボルとして人々の関心は、これからますます高まっていくだろう。

しかし、東京スカイツリーに対する関心の高まりと反比例して、テレビを取り巻く環境はますます厳しくなっている。何よりも、視聴者のテレビ離れが著しく、特に若い世代がテレビと向き合う時間が、年々少なくなっているのは皮肉なものだ。

東京スカイツリー

旅カフェで疑似旅体験

旅行会社が喫茶店形式の店舗にしたり、カフェが旅行会社と提携したりして、旅の情報提供を目的にした旅カフェが流行っています。
国際交流パーティーなどのイベントや旅行体験を客同士で語り合うなど、仲間つくりをしやすい雰囲気にしています。
不況のおり、つもり消費の場にもなっているというこです。





商品購入
Travel Cafe Selection~Departure for~

価格:¥2,520
発送時期:在庫あり。

不思議ホテル

世界には、風変わりなホテルが多く存在しています。有名なところではスウェーデンの氷でできたアイスホテル、実際に犯罪者が収容されていたという刑務所ホテル、映画の撮影に使われたチェニジアの穴ぐら式ホテル、トルコの洞窟ホテル、ニュージーランドの横穴式ホテルなんていう穴系ホテルも各国にあります。飛行機ホテルや下水管ホテルまであります。

中には泊まりたくないと思えるホテルもありますが、興味津々でチェックインすれば、今まで体験したことが無い世界を体験できるでしょう。そして日本国内にも不思議なホテルはありそうです。楽天トラベルで特色のあるホテルを検索してみました。

楽天トラベル:不思議 ホテル

Technorati tag:

人気の新婚旅行先 国内

新婚旅行を素晴らしい思い出にするには、まずは、しっかりとした下調べが必要になります。まずは行き先を決めて、それからどのような行程で移動して、じっくり見るのはどこで、一休みする場所はここで、みたいに細かく計画を立てることで、時間を無駄にせず旅行を楽しむことができます。
思いがけないハプニングで計画通りに旅行が運ばなくても、それはそれで思い出に残りますし、最初にしっかりとした計画が立てられていればロスも最小限に済んでしまうものです。

新婚旅行でまず決めなければならないのは行き先です。旅行先が決まらなければ始まりません。2人でしっかり話し合って決めることが必要ですが、新婚旅行の国内人気先をご存知でしょうか?

海外ですと、ハワイやオーストラリア、イタリアなどですが、日本国内ですと、一番の人気先は沖縄です。亜熱帯の美しい海は、まるで海外にいるような気分にさせてくれます。マリンスポーツも体験できますし、一年中過ごしやすい気候ですが、梅雨や台風の時期は避けた方が無難でしょう。冬に行く場合にはマリンスポーツは無理ですけど、暖かい気候を楽しむことができます。離島の方へ足を伸ばして、レンタカーで島を一周するというのも2人なら楽しい思い出になるのではないでしょうか。
次に人気なのは、北海道です。新婚旅行といえば海外、と考える方が多いですね。ただ、国内にも素敵な旅行先があるんですよ。中でも北海道は、夏はラベンダー畑やひまわり畑、冬はスキーや雪まつりなどでにぎわうため、年中通して新婚旅行の国内人気先となっています。


沖縄北海道

北海道の日本最北端ローカル線の旅

ローカル線の中には地域の足としての利用だけでなく、観光地の鉄道として知られているものもあり、存在そのものが貴重となっているものも数多くあります。

北は北海道から南は九州まで各路線のローカル線があり、古びた駅舎、古き良き日本が残る沿線風景…。そんな郷愁誘う魅力がいっぱいのローカル線もたくさん残っています。

山あいの風光明媚な区間を走る山岳鉄道や、本線ではすでに旧式化され使用されなくなった年代物の車両や、蒸気機関車を走らせている地域もあります。そこには普段利用している通勤電車では決して味わうことのできない風情と景色があります。

その中で紹介したいのは北海道のローカル線です。宗谷本線は旭川、稚内を走る全長259.4kmのローカル線で、この宗谷本線こそが、日本最北端路線なのです。

宗谷本線の人気宿泊施設一覧

そして、もうひとつ紹介するローカル線は、北海道がもっとも誇るローカル線、釧網本線です。網走、東釧路を走る166.2kmの釧網本線は、北海道の四季折々の絶景を楽しむことができ、特に冬の風物詩『三白』と呼ばれているタンチョウヅル、オオハクチョウ、流氷、このすべてが、この釧網本線の車窓からすべて鑑賞できるところにあります。また、トロッコ列車『ノロッコ号』で釧網本線をゆっくり渡るのも、北海道の冬の醍醐味なのではないでしょうか。

釧網本線の人気宿泊施設一覧